婚活浪人卒業!

男性31歳、女性29歳

これが何を意味する数字かピン!とくる方はいらっしゃいますか?

正解は【令和元年の男女別の平均初婚年齢】です。

晩婚化やおひとり様、30歳を過ぎてから魅力的になる・・・

こんな結婚は遅くても良い、みたいな言葉をよくメディアで見聞きしますが実態はそこまで遅いようではありません。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai19/index.html

さらに平均値はその性質上、高齢で結婚した人が値を大きく引き上げることになります。

そこでより実態に近い中央値(データを小さい順に並べた時にちょうど真ん中にきた値)で見ると

男性28歳、女性27歳になります。

いま30代のみなさん、ちょっと焦りませんか?

あなたが結婚願望があって今現在33歳だとします。

するとあなたはすでに5~6浪していることになります。

大学浪人で5~6浪にしている人がいたらあなたはどう思いますか?

就職浪人で5~6浪している人がいたとしたらあなたはどう感じますか?

きっとこう思うでしょう。

「勉強のやり方を間違えているのでは・・・」

「難関校や一流企業にこだわり過ぎているので・・・」

婚活にも同じことが言えます。

「婚活のやり方を間違えているのでは?」

大学受験なら18歳、就職なら22歳。

この2つは世間一般的にこの数字で区切られているイメージがあります。

しかし結婚に関しては今の時代あまり具体的な数字は聞きませんよね?

昔は女性に関しては「女性はクリスマスケーキ(25歳までに結婚出来なければ売れ残り)」という今の時代に発言すると秒で訴えられるような言葉もありました。

その反動で今では「30歳を過ぎてからが魅力的になる」や「いくつになってもあなたは素敵」みたいな耳障りの良い言葉が並びたてられています。

しかし!今の時代も初婚年齢の中央値は27~28歳です。

つまり結婚願望があるにも関わらず30代を迎えているということは性別問わず結婚の浪人生活が始まっているのです。

浪人生がモタモタしている暇はありません。

周りはドンドン就学や就職と同じように結婚をし、次のライフステージに進んでいっています。

そして優れた人、良い人から合格し婚活の場からは退場していきます。

「せっかく婚活をしているのに良い人と出逢えない!!」

そんなことにならないように1日でも早くスタートを切るべきです。

しかし間違えた勉強法をしていても東大には合格できないように、また間違えた就職対策をしても一流企業には内定をもらえないように、婚活も正しい努力をしないといつまで経ってもあなたが納得できる形での合格はもらえません。

このブログでは婚活浪人の人達のために、6浪してようやく結婚できた私がみなさんの婚活のお役に立てるようにノウハウや心構えを発信してきます。

みなさんの婚活がうまくいきますように!!